一般質問、終わりました!

9月9日(金) 13:15から始まった新議場での一般質問が昨日終わりました。感想は
・旧議場と違ってバリアフリー の為、職員・傍聴席と近い(と感じる?)
・傍聴席の方が暗くなっているので表情が見えない(反応が見えない)
などです。今回、傍聴へ7名ほど来て頂きました。誠に有り難うございました。

今回は袖ケ浦市のブランディング戦略(袖ケ浦市をどうアピールしていくか)、市のデジタル化(スマホ、パソコンなどインターネットを使って生活の利便性を上げる)の取り組みを質問・提言させて頂きました。

主なやり取りは以下の通りです。

袖ケ浦市って都心、千葉市、館山市へ1時間以内で行き来できて緑も多く、子育て費用などの福祉もしっかりしている、財政力指数も県で3番目。と良い事づくしなのに袖ケ浦市と行ったら”コレ”だ!と言うのが見当たらない…と言うのは皆さん経験あると思います。”**といえば袖ケ浦”と言う様な食も見当たらない。と言う思いから質問・提言させて頂きました。市でもブランディングアンケートを行っているとの事。
https://www.city.sodegaura.lg.jp/soshiki/hisho/brand-questionnaire.html

また、時代の流れは大きな加速力をつけてデジタル化が進んでいます。この部分を強化しなければ、傍観しているだけでは他の自治体と差別化されてしまう。との思いから市のデジタル化についても質問・提言させて頂きました。

一般質問は終わりましたが20日から令和3年度決算審議委員会が始まるので気を抜かず走り抜きたいと思います!

注)ICT=Information and communications technology(情報通信技術)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。