あきら通信 vol.1

市議会で“初”一般質問を行う

昨年10月11日に議員として当選させて戴き、2回目の議会ではじめて質問をさせて頂きました。内容は“農業”と“商工業”についてになります。 

良く聞かれる『農地の保全、後継者の問題で困っている』と言う声…所々にある使ってない農地が景色を悪くしており皆さんも心配ではないでしょうか?

次に商工業問題です。人口が増えている袖ケ浦市..市の税収に工業はとても貢献をしてもらっています。そしてこれから袖ケ浦市に来たい!と言う企業に向けてどんなサポートが出来るのか?また、多くの方々から「歩いていけるお店が欲しい!」という声をたくさん聞きました。皆さんはいかがでしょうか?

そこで、農業と商工業についての質問させて頂き、内容(課題)と回答(対策)を図でまとめてみました。

一般質問の動画はこちらからご覧ください →ここをクリック

【参考データ】

日本の自給率…37%→R12には45%へ!

千葉県の自給率…26%しかない (内訳…米97%,野菜78%,小麦12%,大豆6%)

市内の遊休農地…66ha(前年比▲3ha)

田は52ha,畑は14haと4:1で田んぼの方が多く、ほとんどが、これからも農地として活用していきたいとの声

『椎の森工業団地2期地区』の業種は?

・製造業(4社)

 ごま油/ダイヤモンド工具/物流用パレット/コンテナ

・金属製品(3社)

 鉄骨フレーム/製造装置の溶接/製缶工事加工

・その他(5社)

 発電所/鉱産物の加工・販売/産業用機械レンタル

 自動車販売・修理/クリーニング


市のコロナ対策

新型コロナで困っている事。そして市の対応について

新型コロナが発生して早や1年が過ぎました。市内に出かけインターホン越し又は玄関でソーシャルディスタンスを保って個別アンケートを行ったところ、『家から出れない』、『知人と会えない』ので困っている..。『飲食業でバイトをしているが、シフトだけ減らされお金がない』等、金銭面の不安も多数寄せられました。

以下、その結果をグラフにまとめてみました。そして市のワクチン接種スケジュールと独自の対策になります。

コロナで困っている事アンケート

対象:約500人 期間1月20日〜3月1日

ワクチン接種スケジュール

新型コロナワクチン接種予約コールセンター
043(223)7200 平日10:00~18:00

市独自の施策
【自動郵送】

■ワクチン接種のためのタクシーチケットの配布(接種会場までのタクシー料金の補助)

対象:令和4年4月1日まで 75歳上の方

交付:タクシーチケット(1,000×4枚)

※対象者に自動的に郵送

[問い合わせ先]:高齢者支援課 0438(62)3219

【申請要】

■ワクチン接種以外のタクシー料金の補助

対象:

 ①75歳以上のみの世帯 

 ②移動手段が困難

 ③市民税が非課税世帯の場合1人あたり年間最大500円×36枚交付されます

[申し込み先]:高齢者支援課 0438(62)3219


相談窓口の設置

『あきらCafe』オープン!

議員となって半年が過ぎ、まだまだ勉強中の身ではありますが、地元の声を聞き市役所とのパイプ役になれればと思っています。子供から高齢者までご意見、ご相談があれば事務所におりますのでお気軽にお立ち寄りください。選挙事務所をそのまま『あきらCafé』として毎週1〜2回、今後空けておく予定です。(被らない様に事前予約制とさせて頂きますのでご了承下さい)

※尚、Caféと言いながら当分の間、コロナ禍の為、飲食は控えさせて頂きます。

会場:伊東あきら後援会事務所

住所:〒299-0257 千葉県袖ケ浦市神納3445

連絡先:090-8565-8036

Email:2020itoakira@gmail.com

※気軽な交流の場として、皆さんのご意見がありましたら承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です