長崎

77年前の今日。11時2分、一個の原爆投下により約7万4千人の命がなくなりました。

以前、長崎市へ訪問した事があります。
長崎原爆資料館へ行く機会があり、見学させて頂きました。
場内に入り、流れている動画を見て動くことが出来なくなりました。
画面の中では、人々が全身が焼けただれた人形みたいにそこら中に転がっています。
目も口も鼻もほとんど穴です。
資料館の奥に進み、原爆の凄まじさは数字で
・原爆投下地から1kmの所で秒速170m(台風の最大級の早さが秒速80mくらい)
・原爆投下地から1kmまでの死亡確率100%
・原爆投下後、爆風は10秒後には3.7km、30秒後には11kmに達する
・原爆投下地から12km地点でも窓ガラスが割れ、15km先まで破壊の影響あり
いかに一瞬で、通常生活が地獄と化したかが分かります。

長崎原爆投下を時系列で追ってみると
1945年4月27日:原爆投下目標委員会で検討された場所、東京湾・川崎・横浜・名古屋、大阪、神戸
京都、広島、呉、八幡、小倉、下関、山口、熊本、福岡、長崎、佐世保
5月10日:第2回検討委員会で投下目標を、京都・広島・横浜・小倉へ設定
28日:第2回検討委員会で投下目標を、京都・広島・新潟へ設定
31日:委員会で日本に対し事前警告を行わないことで合意
7月17日:ポツダム会談始まる(69人の米科学者が原爆の無警告投下に反対署名)
24日:目標として長崎が加えられる
25日:トルーマン米大統領、原爆投下司令を承認
26日:ポツダム宣言発表
8月 2日:広島を第1目標、8月6日実行とする作戦命令が下される
8月 6日:午前1時45分テニアン出発→午前8時15分広島に原爆投下(ウラン原爆)
8月 9日:午前2時49分テニアン出発→午前11時2分長崎に原爆投下(プルトニウム原爆)
※テニアン島=サイパンから北に8kmの小さな島

言葉がありません。この様な兵器をよく同じ人間に対して投じる事が出来たのか理解も出来ません。
私達はこの様な先達に支えられて今があるという事、同じ失敗を繰り返さぬ様肝に命じ、前に進んで行くしかないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。