いざ、山登り

明日から3日間山登りへ行きます。
場所は山形県の出羽三山。
何でも袖ケ浦市は江戸時代くらいから出羽三山へ五穀豊穣、商売繁盛などを祈祷していたとの事。
当時は車や電車などないのである意味命がけだったと思います。

少しこの山々を説明すると出羽三山とは、「羽黒山」「月山」「湯殿山」から成り
それぞれ419m、1,984m、1,504mの標高。ここを歩いて廻ります。
江戸時代から「西の伊勢参り、東の奥参り」と言われていたそうです。(奥=出羽三山)
伊勢参りは「天照大御神(あまてらすおおみかみ)」として太陽を崇め
奥参りは月の神様「月読命(つきよみのみこと)」として人気があったらしいです。

実は子供の頃、父親の仕事の関係で山形県酒田市に住んでいた事があり三山の一つ羽黒山へ行った事があるので今回で2回目になります。
殆ど記憶になく写真だけが残っているので実感はありませんが市の為、町の為お祈りをして来る予定です。

日本有数のパワースポットの一つでもあるらしく最近バテ気味なのでパワーをつけて市政に活かして行きたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

ここ最近の活動内容

次の記事

山登り(後記)